まつりを拾ったのは2020年7月ですが、当時はペット不可マンションだったので大急ぎで引っ越し🏡

で、正式に家族として迎えたのが8月でした🐈
なのでちゃんと引き取って暮らし始めてから大体1年ということになります🐱

拾った当初のまつりちゃん
拾った当初 推定1~2ヶ月くらい

保護して病院に連れて行った時にはすでに下半身と右目がダメで、その日その日を生きられるかどうかだったまつりちゃんですが・・・

1年後のまつりちゃん
1年後・・・でかい!

1年たって、ずいぶん立派に育ちました😸
障がいこそ残ったものの、排泄時以外ではハンデを感じさせない身のこなしを見せてくれるまつりちゃん😽

前足しか動かせなくても、家中を自在に動き回ります🐾

前足だけでソファに上るまつりちゃん

この動き・・・猫のパラリンピックがあればクライミングで日本代表じゃないでしょうか?(笑)😸

ツイッターやらYouTubeのコメントで、大変じゃないですか?とよく聞かれますが、おそらく想像しているほどではありません😽

まつりの場合、普通のねこちゃんより大変なポイントは以下の2つでしょうか?

  1. 下半身不随なので排泄が自力でできない
  2. 片目がつぶれている

1.に関しては、やはり排泄介助が必要な必要なところが少し大変かもしれません💩
1日に3~4回ほど2人がかりでお腹をまさぐり、膀胱を絞るようにしておしっこを出し、直腸や肛門を刺激してウンチを出してあげます🚽
初めのころこそ勝手がわからず大変でしたが、お医者さんに教わりながら回数をこなしていくうちに、スムーズに出せるようになっていきました😸

いろいろと出してあげた後、うちのまつりの場合はおむつをはかせています👶
同じく下半身不随の猫ちゃんを買っている人では、はかせていなくても大丈夫なところもあるようですね🐈
家ははかせていないと結構漏れちゃうので、正直ちょっとうらやましいです・・・(笑)

おむつをはかせるときはこんな感じ
大きくなってからもやり方は一緒
たまに脱げちゃうこともありますが(笑)

2.に関しては、目やにが出やすいところが大変というか、ちょっとかわいそうになってきます😿

機能していない目は、眼球委縮といってどんどん縮んでいってしまうそうです🙀
上の方の写真でも、1年たって右目の大きさが全然違うのが分かると思います👀

目が縮むと、その過程でまぶたが内側に巻き込まれてしまうようで、そのためによく涙を流したり目やにが出たり・・・見るからに痛そうなんですよね😿

今は気が付いたときに目やにをふき取ってあげるくらいですが、そこに至るまでにはなかなか長い道のりでした💦

目薬を差していた時のまつりちゃん

しばらくの間、目薬が必須でした👀
普通、猫は目薬を差されるのってものすごく嫌がると思うんですが、まつりは目薬を差されるのが当たり前になってしまい、嫌がるけどほぼ無抵抗でいてくれていました🐱
飼い主をしては暴れられるよりよっぽどありがたいですが・・・・なんかちょっとかわいそうな気もしますね🐈

ちなみに現在は目薬から卒業しました😺
良かったね!まつりちゃん!

目やにをふき取られるまつりちゃん

そんなこんなでいろいろありましたが、どうにか1年を飼い主と一緒に過ごしてこられたまつりちゃん😺
お医者さんが言うには、下半身不随ともなるとどうしても腎臓系など内臓の病気になりやすいとのことで、まだまだ油断はなりません🙀

それでも健気に一生懸命生きているまつりちゃん😺
なんとかこのまま元気に育ってもらえるように、飼い主も頑張っていきます😺💪

~追記~
大変ありがたいことに、Amazonのほしい物リストでプレゼントを贈りたいというお申し出を何度かいただくようになりました😸
最初は、自分たちで飼っている猫に他の方々からご支援をいただくのはなんか違うんじゃないかと思ったりもしたのですが、思えばTwitterYouTubeでも皆様にかわいがってもらっている、みんなのまつりちゃんです😺
折角のお気持ちを頂かないのもよろしくないと思いなおし、ほしい物リストを公開することに致しました😻

こちらからリストが見れると思います🥰

プレゼントをいただいてもそうでなくとも、宜しければ今後とも一緒にまつりを見守ってやってください😽

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. いつもまつりちゃんの投稿拝見させていただいてます☺️この文章読んで改めてまつりちゃんは素敵な飼い主さんに出会い、大切にしてもらってるんだなと思いました!
    これからも投稿楽しみにしてます☺️

    1. ありがとうございます
      飼い主としてはできるだけ大事にしているつもりですが、まつりはどう思っているんでしょうね(笑)
      拾われてよかったなぁと思ってもらえるよう、今後も大事にしていきます
      ぜひ引き続き一緒に見守ってやってください

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です