グラスではないですが、沢の鶴の日本酒についてきた御猪口です🍶

沢の鶴日本酒
「100人の唎酒師」というお酒らしいです

この包装はお酒を光から守るためだとか🌞

唎猪口
ただの御猪口じゃなくで「唎猪口」!

岐阜県多治見市の小田井商店という会社で作っているらしいですね🍶

唎猪口
沢の鶴のロゴ入り!

また、御猪口の底に描かれている蛇の目は、お酒の色合いなんかを見るのに役立つそうですね👀

御猪口の底
「小田井作」しっかり主張してきます🍶
注いでみた
お酒を注いでみました🍶

なるほどこんな感じで色合いが分かるわけですね👀

ところでこのお酒の名前にもついている「唎酒師」🍶
ソムリエの日本酒版みたいなものかと思って調べたら、そういう認定資格があるみたいです👀

いろんな資格を持っている筆者としては気になることろ✒
面白そうなら資格取得してもいいかなぁ~と思ったりもしたのですが、かかる費用が・・・

  • eラーニングコース受講料:68,800円
  • 合格時認定料:25,000円
  • 合格時入会金:19,000円
  • 年会費:15,900円

合計128,700円💸

こ、今回は見送ろうかな・・・😇

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です